ソフト闇金から借入する際に提出する必要書類について解説!

ソフト闇金から借入する際には、必要書類を提出しなければなりません。

そんな必要書類について、どういったものが使用できるのか疑問に思う方も多いはずです。

この記事では、そんなソフト闇金における必要書類について、「顔写真付き身分証明書の場合」、「顔写真が付いていない身分証明書場合」に分けて、詳しく解説しております。

また、記事最後の項目では、必要書類を用意できない場合についても触れておりますので、是非最後までご覧になって下さい。

ソフト闇金から借入する際に提出する必要書類

ソフト闇金から借入する際、いかなる業者においても本人確認できる身分証明書を必要書類として提出しなければなりません。

そんな身分証明書ですが、顔写真付きのものか否かにより、用意しなければならない身分証明書の数が異なってきます。

以下、それぞれの場合を想定して、必要書類について、詳しく解説してきます。

  • 顔写真付き身分証明書の場合
  • 顔写真が付いていない身分証明書場合

顔写真付き身分証明書の場合

顔写真付き身分証明書とは、主に次のようなものです。

  • 運転免許証等、顔写真のついた免許証
  • パスポート
  • 学生証(写真付き)
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • マイナンバーカード(写真付き)
  • 身体障害者手帳(写真付き)

一部、主要なものをご紹介致しましたが、その他にも顔写真付きの身分証明書はあります。

このような顔写真付きの身分証明書であれば、1点のみで必要書類として受理されます。

借入の際は、該当の身分証明書を撮影した画像を添付して送りましょう。

顔写真が付いていない身分証明書場合

以下のような顔写真が付いていない身分証明書の場合、2点用意すれば必要書類として受理されます。

  • 健康保険被保険者証
  • 国民健康保険被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 共済組合員証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 国民年金手帳
  • 厚生年金保険年金手帳
  • 共済年金証書
  • 印鑑登録証明書
  • 学生証(写真が無いもの)
  • 会社の身分証明書(写真が無いもの)
  • 資格証明書(写真が無いもの)

ソフト闇金で必要書類を用意出来ない場合

ソフト闇金で必要書類を用意出来ない場合についてはどうでしょうか?

基本的に、全く用意出来ない場合は、いかなる業者でも借入することは不可能です。

しかし、審査が緩いソフト闇金では、補助書類として、「公共料金領収書」を認めているところもあります。

そういった業者であれば、顔写真のない身分証明書を2つ用意出来なくとも、1つ用意出来れば、補助書類として「公共料金領収書」を提出することで、受理してくれます。

なお、当社ソフト闇金プレステージは、補助書類として、「公共料金領収書」を認めております。

もし、他社ソフト闇金で、必要書類が原因で借入が出来なかった方は、是非一度、ソフト闇金プレステージへご相談下さい。

ソフト闇金プレステージ