システム金融とは?ソフト闇金との違いについて解説!どちらがおすすめなのか?

システム金融をご存知でしょうか?

ソフト闇金同様の法定金利を超えてお金を貸している貸金業者となりますが、世間一般における認知度は比較的低いことかと思います。

この記事では、「システム金融とは一体何なのか?」と言った概要から、ソフト闇金との違いについて解説した上で、ソフト闇金とシステム金融どちらがおすすめなのかを解説しております。

是非最後までご覧になって下さい。

システム金融とは?

システム金融とは、事業主の方を対象として、専門的に貸付を行っている無登録貸金業者のことです。

中小企業に対し、FAXやダイレクトメールにて、融資の勧誘を行います。

システム金融では、企業からの申し込みに限りますが、手形と小切手の郵送のみで即日借入することが出来ます。

そして、企業向けだけあって、融資限度額が比較的高額な場合がほとんどです。

なお、ソフト闇金においても、企業向けにサービスを展開している業者は存在します。

個人に限定してサービスを展開しているソフト闇金では、借入限度額が、5万円程度と少額ですが、限度額が、30万円程度と高額に設定してあるソフト闇金では、個人と企業、両方に向けてサービスを展開しているパターンがほとんどです。

システム金融、ソフト闇金共に利息は法定金利を超えている為、利用する際は、注意が必要です。

ソフト闇金とシステム金融の違い

システム金融とソフト闇金、共に法定金利を超えていること、そして、ソフト闇金もシステム金融同様に事業主向けに高額融資を行っている業者があると上述しました。

では、システム金融とソフト闇金の明確な違いとは一体何なのでしょうか?

それは、違法性です。

システム金融の場合、企業専門の貸付とあって、ソフト闇金とは異なり、貸金業の規制に関する法律、3条1項、11条1項の規定に反しております。

貸金業無登録という面においては、ソフト闇金も同様のものとなりますが、ソフト闇金では民事不介入とされており、あくまでも個人間の貸付であり、個人間のトラブルであるとされています。

明らかな犯罪行為、例えば、脅迫まがいの取り立てや暴力を伴う取り立て行為等を行っている悪質なソフト闇金だと、違法となりますが、そうではないソフト闇金では、特に違法性はありません。

ソフト闇金とシステム金融どちらがおすすめなのか?

ソフト闇金とシステム金融、結局どちらがおすすめなのでしょうか?

これについては、借入希望額によります。

会社を経営しており、大きな資金が必要な方に関しては、大きな金額を借入できるシステム金融の方が良いですが、システム金融では、上述したように明らかな違法性がある為、極力ソフト闇金のサービスの方を利用した方がおすすめと言えます。

なお、ソフト闇金プレステージでは、事業主の方向けに大きな金額での貸付も行っております。

ご希望の方は、是非一度、ソフト闇金プレステージへご相談下さい。

ソフト闇金プレステージ