ソフト闇金の融資は総量規制対象となるのか?ソフト闇金プレステージなら総量規制オーバーの方でも融資対象!

総量規制とは、借入総額の上限を規制する法律となりますが、ソフト闇金における融資は総量規制の対象となるのでしょうか?

結論から申し上げると、総量規制の対象外です。

この記事では、そんな総量規制について、詳しく解説しております。

なお、弊社ソフト闇金プレステージならば、総量規制オーバーの方へも積極的に融資を行っており、融資対象者として設定しております。

併せてご紹介しておりますので、是非最後までご覧になって下さい。

総量規制とは借入総額の上限を規制する法律

総量規制とは、貸金業者からの借入総額の上限を規制する法律です。

貸金業法の一部となり、多重債務問題が深刻化していたことを背景に借り過ぎや貸し過ぎから消費者を守ることを目的に設けられました。

そして、総量規制を包括する「貸金業法」ですが、2006年12月に抜本改正されました、

2006年12月からおよそ3年半をかけて、4段階に分けて施行され、2010年6月に完全に施行された形となります。

そんな総量規制の借入総額上限ですが、年収を基準に決定されます。

総量規制により、貸金業者は、借り手の年収の3分の1を超える貸付けが禁止されております。

例えば、年収300万円の方の場合、貸金業者から借入出来るお金の上限は、100万円までとなります。

なお、「年収の3分の1」というのは、各貸金業者それぞれに対して適用されるものではありません。

A社、B社、C社という貸金業者から借入していた場合、A社、B社、C社全ての貸金業者から借入した総額を年収の3分の1に収める必要があるということです。

ソフト闇金における融資は総量規制の対象外

総量規制では、その対象は、「貸金業者」の融資に限られます。

したがって、貸金業者に該当しない銀行からの借入や銀行のカードローンは総量規制の対象外とされています。

また、クレジットカードのショッピング枠も銀行同様に総量規制の対象外です。

住宅ローンや自動車ローン等金利が低く長期の返済期間が設けられている借入等も総量規制の対象外となります。

そして、ソフト闇金もまた、総量規制の対象外です。

というのも、総量規制の対象とされている「貸金業者」は、財務局または都道府県に登録している貸金業務を行う業者のことを指します。

具体的には、消費者金融やクレジットカード会社等が貸金業者に該当します。

ソフト闇金の場合、貸金業法に基づいた登録は行っていない為、総量規制を適用することが出来なくなっております。

ソフト闇金プレステージなら総量規制オーバーの方でも融資対象

ソフト闇金プレステージは、ソフト闇金となり、貸金業務を行ってはいるものの総量規制が適用される法的な「貸金業者」には該当しません。

その為、総量規制オーバーの方でも融資を受ける事が可能です。

また、ソフト闇金プレステージでは、総量規制オーバーの方へも積極的に融資を行っており、融資対象者として設定しております。

もちろん、総量規制の目的でもある「消費者を多重債務のリスクから守る」と言った観点では、弊社ソフト闇金プレステージも同意をしており、総量規制オーバーの方に貸付を行っていますが、無理なく返済できる範囲での融資金額をご提案しております。

その為、他ソフト闇金業者と比較すると、より安全なご利用が可能となっております。

銀行や消費者金融等、一般の金融機関での借入が出来ない程に信用に傷がついている方で、総量規制以上借りたい方、また、既に総量規制オーバーの方等は、是非一度ソフト闇金プレステージへご相談下さい。

ソフト闇金プレステージ